2020年を占う

2020年2月1日 土曜日

2020年度は「庚子(かのえね)七赤金星年」の年にあたります。(2020年2月4日から2021年2月3日までの期間です。)

上元期60年間とは1864年(元冶元年)甲子一白水星年から1923年(大正12年)癸亥五黄土星年までの60年間です。

中元期60年間とは1924年(大正13年)甲子四緑木星年から1983年(昭和58年)癸亥八白土星までの60年間です。

下元期60年間とは1984年(昭和59年)甲子七赤金星年から2043年(令和25年)癸亥二黒土星年までの60年間です。

その下元期60年間の中の37年目にあたりますのが、今年の2020年は「庚子(かのえね)七赤金星年」です。

十干(じっかん)とは「天であり」天象の精神 であります。甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・葵を言います。十干の「庚(かのえ)」とは第7番目にあたります。庚は「改めると言う意義があります」

十二支は地であり、四季の形象で「人の身体」でもあります。子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥であります。十二支の子(ね)は第1番目にあたり方位は北の位置にあたります。「新しい命が種の中に生まれ始める時。出発の時」であります。

九星は「人であり」人の気質行動であります。一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星です。
九星では七赤金星は「金融・流通・経済・飲食・刃物・口説・娯楽・道楽」な
どの象意があります。

下元期の後半にかかりその特出であるところの「下剋上・実力主義・思想の改革・不安定」という状況をもたらす諸現象も現出し、先行きに対する不安感が蓄積される年で、今年は大きな節目の年となります。

① 政治面については
安倍首相(1954年9月21日生まれ・本命一白水星午年生まれ)の運気は衰運期3年目に入りました。憲政史上最長在任の首相となりました。
何一つ特筆すべきものがない(実積がない)安倍首相の独裁長期政権はいかがなものでしょうか。やっと支持率が下がって来ました。

長期政権における緩みが顕現し始めています。昨年もまた森・加計問題に続き「桜を見る会」で説明した内容は口先だけのもので、本当にこの首相ではまだまだ期待は持てません。

現在の日本の政治は極めて深刻な状況にあります。景気対策・財政再建・雇用問題・格差社会・社会保障問題・普天間問題・安全保障問題・領土問題・外交問題等,山積する問題を乗り越える為には指導者の「信念」が強く求められます。この国をどう言う方向に持って行きたいのか、安倍首相の考えが解りません。改憲の事に政治生命を賭ける安倍首相です。

今年の七赤金星の象意でもある「お金」はオリンピック景気で海外からの選手やゲストや旅行者も多く人が動けばお金も動きます。
オリンピックは7月24日から8月9日までの17日間
パラリンピックは8月25日から9月6日までの12日間、開催されます。
オリンピック後の怖いのは第二のバブル崩壊のような暴落です。

そして怖いのは今年に入って中国(武漢市)で発生した新型コロナウイルス(人から人に感染する肺炎)が世界に広まっている事です。長引けば、オリンピックにも経済にも大きな影響がでます。一日も早い収束を願います。

今年は七赤金星年で、同じ七赤金星月が(年盤と月盤が揃う事)3月と12月にやって来ます。この3月が一つ目の山場です。そして12月が二つ目の山場となります。先の見えない読めない衰退の日本に突入しました。今、必要な事は「改革」ではなく思いきった「革命」なのです。

② 景気問題については
今年の「庚」の事象は改めると言う意義があり、そして子の年は【困窮】実力なき者は倒産し実力ある者は縮小し自然淘汰の期。すなわち「新しい命が種の中に生まれ始める月。出発の時」である年です。

昨年は予測通り八白土星年の過去の事象から年始から暴落相場に見舞われました。しかし年の後半は好調相場に変わりました。原因は海外投資家が日本市場に戻って来たことです。この流れで今年が始まりました。しかし出だしから乱高下のひどい相場です。先行きに対する不安があります。

今年の景気動向の最大のテーマーは東京オリンピックとアメリカ大統領選です。
アメリカは景気に沸くでしょう。もしトランプ大統領が選挙で不利な状況になれば大きな景気対策をトランプは打つからです。またアメリカとイランの緊迫状況は目が離せません。(戦争の回避を望みます)

昨年の10月からの消費税のUP、物価の値上げで消費動向は今年も冷え込む事が予想されます。しかしオリンピック需要がありますので、すごい勢いで株価がUPして行く事もおおいにあります。
オリンピックは7月24日から8月9日までの17日間
パラリンピックは8月25日から9月6日までの12日間、開催されます。
オリンピック後の怖いのは第二のバブル崩壊のような暴落です。

過去オリンピックを開催した国、1988年ソウル(韓国)・1992年バルセロナ(スペイン)・1996年アトランタ(アメリカ)・2000年シドニー(オーストラリア)・2004年アテネ(ギリシャ)・2008年北京(中国)・2012年ロンドン(イギリス)・2016年リオデジャネイロ(ブラジル予定)とオリンピック景気に沸き、終わると不況・経済悪化・金融危機が訪れている事も念頭に入れておいて頂きたいです。

昨年の10月から本格的に始まったキャッシュレス化は更に進むでしょう、一方では情報漏れやサイバー攻撃は心配です。そして債権者が増えるでしょう。
食品(新興国の需要拡大・天候不順による収穫の不足)やガソリン・保険料等の価格が上昇します。

直近の平均株価と為替では・・・
平成24年末(六白金星辰年) 円が 83円前後で株価は10395円
平成25年末(五黄土星巳年) 円が103円前後で株価は16291円
平成26年末(四緑木星午年) 円が119円前後で株価は17450円
平成27年末(三碧木星未年) 円が120円前後で株価は19033円
平成28年末(二黒土星申年) 円が116円前後で株価は19114円
平成29年末(一白水星酉年) 円が112円前後で株価は22764円
平成30年末(九紫火星戌年) 円が109円前後で株価は20014円
平成31年末(八白土星亥年) 円が108円前後で株価は23656円
2020年末(七赤金星子年) 果たしてどんな年になるでしょうか?

③ 天変地異について
「備えあれば憂いなし」「天災は忘れたころにやって来る」を念頭に入れて普段からの用心が大切です。

今年も「過去に経験のない」「史上最大」「何年に一度」等の言葉がニュースで聞く事になるでしょう。気学教示の「人為乱れる時、天為乱れる」(政治が乱れた時に天災が起こる。また天災が起こった時には政治が乱れる意味です)が怖い年です。安倍政治が乱れていますので、気をつけなければいけません。

人間が予想する以上に地球は大変な状況に置かれています。
昨年も世界で多くの自然災害が起こりました。その自然災害の被害の大きさでは日本が異常なほど大きいという事です。COP25のパリ協定の地球温暖化に前向きになれない日本政府、世界から大きな非難が出ています。

異常気象を起こす自然を無視した人間の欲望が大きな被害を起こします。その為、昨年同様に地震・噴火・台風・大洪水・寒波・積雪・津波・竜巻等、天変地異が世界中で多く起こります。特に今年は水に関する水害には注意です。

昨年度もまもなく大震災がくるような前触れのような地震が数多く発生しました。いつ来てもおかしくない状況です。
2020年の地震は4月・5月・6月・7月・翌年の1月
2020年の噴火は5月・8月・9月
特に5月は五黄土星の月で地震・噴火の要注意月となります。またこの5月は月盤の二黒土星が年盤の五黄土星に同会します。
昨年同様の異常気象で世界に大きな被害が出るでしょう。

いつ大きな天変地異が起こるかもしれませんので、日頃からの備えが必要です。「時代の相は変化していきますが、無形の想はくり返されていく要因であり」周期を現出します。世界中が経済の為に自然を無視した行動をとればこの世は終わりです。

④ 国際問題について
アメリカにおいてはトランプ大統領の2期目の大統領選挙戦(2020年11月3日)になります。なり振り構わずのトランプの政策とイランとの緊迫状況で相場にも影響を与えるでしょう。そして相変わらず米中貿易戦争が景気に影響を与えています。
安倍首相のトランプ忖度は続きます。いつも申し上げますが、戦後75年も過ぎたのに未だにアメリカから独立できない日本です。

上手く安倍首相はやっているように振舞っていますが、上手くトランプに利用されています。戦闘機をはじめとしてアメリカからの軍事用品の購入は1兆円越えと言います。一兆円越えあれば何ができますか。災害対策・少子化問題・年金問題等が楽になります。

自分勝手な行動をする中国の出方ひとつで日本には大変不利な要因となります。
台湾問題・香港問題・高齢化社会・米中貿易摩擦・経済不振と問題は山積しております。習近平の独断政治は続きます。

中国には節目があり、七赤金星年・六白金星年である金星の年に大きな動きが過去にはありました。それだけに今年の七赤金星年から注視が必要です。
2002年(七赤金星年)から2003年(六白金星年)にかけてSARS(重症急性呼吸器症候群)が発生しました。そして今年の七赤金星年では新型コロナウイルスが発生しております。同じ七赤金星での発生です。偶然でしょうか?

ロシアにおいても北方四島問題も白紙に戻った感があります。ロシアの景気の低迷は続いています。プーチン大統領にも最近は期待が持てない状態で支持率も下がっています。北朝鮮・アメリカ・ロシア・中国の核開発(ミサイル)が進む危険な時代です。

韓国においては日本との関係が最悪の状態になりました。GSOMIAは何とか一時的に回避されたがまだまだ解決はしていません。
慰安婦問題・徴用工問題・レーダー照射問題・半導体原料のフッ化水素など3品目の韓国向け輸出の優遇措置を停止した問題等。
安倍首相の韓国に対する姿勢はどこかトランプ姿勢に似かよっている。

2020年4月の春に行われる韓国国会の総選挙で、文政権を支える与党『共に民主党』『国民党』が勝利すれば、大韓民国という国は地球上から消えると言う噂もある。その位、批判のある文政権です。
文在寅大統領は南北統一しか頭にない。そしてすべて(日本・アメリカ・中国)を捨てる覚悟である。経済の低迷と外交の孤立である。

北朝鮮においての核問題は世界的な問題です。核廃絶を世界に呼び掛ける中で逆に更に強固な数多くの核開発が行われている。いよいよアメリカとの別れが待っているような雲行きです。
北朝鮮に対しては「核、ミサイル、そして最も重要な拉致問題の解決に向かうと安倍首相は言っているが口先ばかりで何も出来ないのが現状です。

他ではイラン・イラク中東問題・イギリスのEU離脱問題・香港・台湾のデモ等、まさに混沌とした世界情勢です。

⑤ 社会問題について
今年の最大のイベントである2020東京オリンピック・パラリンピックで海外からの訪日者は史上最高となるでしょう。この間は景気に沸き、盛り上がるでしょう。日本選手の活躍が楽しみです。

七赤金星の事象の一つであります刃物による事件にも注意です。

年盤・月盤の揃う月の3月・12月(七赤金星月)は過去に航空事故が多発しております。その為特に東方位(五黄殺)西方位(暗剣殺)の凶方位の旅行には気を付ける事です。

高齢者の自動車事故や「あおり運転」も起こります。
家庭崩壊が起こり離婚の多い年となります。
そして身内に起こる児童虐待や殺人は絶対に避けなければいけません。

今年はある意味でのすべてが清算され、新しい芽が出て来る、切り替えの年です。夢と希望を持って、時代に流されるのではなく、上手く流れに乗って前向きに進みたいと思います。

コメントは受け付けていません。