仕事に対する考え方

2022年12月1日

若者の将来に対する不安は相当なものです。大学を卒業して働いて給料をもらうが、大学時代の奨学金の返済・上がらない給料・難しい人間関係・仕事・結婚・子供等の悩みは尽きません。

会社の現状は非人道的な利益の追求をし、目標のない能力主義や正当化できない合理主義が当たり前のこの世の中であり、会社である。

仕事熱心なのもいいが、人は何の為に生きているか、何の為に働くのかを考えなければいけない。働くのにも2つの選択がある。

食べるために働くのは時間給で労働の見返り(賃金)を求める生き方です。

定職があるから一定の賃金が毎月入る為、食べる事に困らない生き方です。

二つの差は大きな違いがあります。

お腹がすいた時に魚を与えるのか、釣り方を教えるのかが仕事の将来の基本的な考え方であり教え方です。

将来を考えるなら釣り方を学ぶべき。同じように仕事を覚えたら一生食べていける。お金がないからと言ってもらっていてはダメ、稼ぐ力がないから一生お金に困るのである。

政府は弱い国民を作りました。何かあれば支援や給付金です。昔の家族構成は、子供は5人も10人もいました。家族全員が一生懸命働き生活しました。

今は何かあると〇〇支援ばかりです。国民も支援や援助に慣れてきています。

ありがたい気持ちは薄くなり当たり前な状態になってきています。

援助も必要ですが、もっと大事な事があります。経済を一日も早く回復し好景気を作ることです。それでも生活出来ない人には政府はお金を支給すれば良いです。何かある度に政府はお金をばらまきます。特に選挙前にはばらまきます。

働くなら仕事と言うものを理解する事から、始まりです。

  • 現状の問題点を素直に自分に言い聞かせ、その問題点から逃げない事。良いと思う道は進むこと。もし他の道が良いと思えるなら柔軟に切り替える事。
  • 今までの組織や伝統的な事は時として壊しても良いという考えを持つ事。
  • 「失敗は成功の基」と昔から言われましたが、失敗からは何も生まれない。失敗はどこまで行っても失敗である。成功からしか学ぶものがない。

なぜ、「失敗は成功のもと」と言う教えがあるのかは、何回もくじけずに頑張りなさいと言う教えである。

  • 自分のサクセスストーリーを作る事。
  • 自分を取り巻くネットワークを作る。異業種の集まりや会合やサークルには積極的に参加する事。

「正しい事」と「出来る事」は違うという事を理解する事が重要です。どんなに正しい事でも現実に出来るかどうかを考える事だ。出来ないのならどんなに正しい事でも行動してはいけません。

若者よ、今すぐに立ち上がれ!!

原点回帰の年NO2

2022年11月20日

今年の初めのブログで今年は「原点回帰の年」ですと申し上げました。

新型コロナの発生・ロシアのウクライナ侵攻・旧統一教会と政治家の問題等々、私たちに多くの事を考えさせられる事柄が多く起こりました。今までは、これで良かった、これが一番だと思っていた様々な事が、実はそうではなかったのです。

コロナの感染で外国との交流が一時的ではありますが絶たれました。その結果として「物の流通が止まりました」物づくりの大半を労働賃金の安い外国に任せていました。結果として物が入らなくなりました。国民に印象的な直接の出来事はコロナにおける「マスク不足」でした。

ロシアのウクライナ侵攻(五黄土星の年の事象の戦争・崩壊・プーチン大統領のロシア帝国の建設願望)は問題が山積みです。一日も早く終息することを願うだけで方法が見つかりません。こうしている今も人が死んでいきます。

怖い馬鹿げたプーチンの願望です。核兵器だけは使わないで欲しい。ウクライナの広大な土地での小麦粉も取れなくなりました。

旧統一教会と政治家の癒着は奥が深く、沢山の議員がつながっています。「知らなかった」「今後は慎重に対応していきます」との答弁ばかりです。何の解決にも何の現状も報告がありません。今こそ「原点回帰」です。すべてをさらけ出して膿を出してすべてが新しいスタートを切らない限り、この国の政治は信用が出来ないでしょう。法律が必要なら今、作るのです。

これからは、昔のように国を挙げて国内で米をはじめとして多くの食品を生産する事です。農業が最高のビジネスチャンスでもあります。近い将来において必ず地球上の食糧危機が訪れます。最近世界の人口が80億人を超えました。そして今後100億人まで増える予測です。だから自国での自給自足が必要です。外国ではなく自国で作るのです。輸入に頼る事が出来なくなります。

外国に生産の拠点を持って行った企業には自国の物づくりをやってもらいたいです。現在、日本の空いている土地や農地を活かすことで、工場建設をするのです。国の大きな事業です。そして海外拠点の「ものつくり」は日本に戻すのです。外国の安い賃金は終わったのです。20年間給料の上がらない日本が今では一番安い人権費国になっています。外国人労働者が日本を引き上げます。インフレ状況は続く、最大の日本の危機の訪れです。人間にとって大切な「衣・食・住」を自国で確保しましょう。

「原点回帰」は時代の流れに逆行しているように思うかもしれません。しかし人間の成長や会社の成長における大事な時期なのです。当たり前な事を当たり前にやる事(基本の教え)でしっかり前が見えて来ます。

まさに今年は「原点回帰の年」である事柄が多く発生しました。もう一度言います。すべての人々に会社に、原点に戻ることです。そうしないと来年からの将来がありません。

紙の健康保険証廃止

2022年11月10日

政府は紙の健康保険証を2024年秋に原則廃止し、今後マイナンバーカードに一本化する方針を明らかにしました。これは実質義務化されます。

現在、マイナンバーカードの取得に対して、政府は20000ポイントの付与を行い国民に取得を促しています。それでも拒む理由が私にはわかりません。

健康保険証・銀行口座の追記をお願いしております。しかし現在の取得率は53%です。今後は運転免許やあらゆるものがこの1枚のマイナンバーカードに集結される予定です。すべての面で私の意見では合理的で楽になります。

私たちは一人で生活しているのではありません。集合社会で生きています。みんなで協力し進めて行かなければならない事もあります。もっと取得しましょう。

コロナ接種においても現世で生きているなら、打つべきです。何故、拒むのか私には理解できません。昔、こんな言葉が流行りました。「税金を払わない人は国道を歩くな」同じように「ワクチンを打たない人は病院に来るな」である。

ここに来て第8波の警戒感が出て来ています。

ワクチン接種と同じように、マイナンバーカードを取得しない方の意見は安全性の不安・情報が洩れたら怖い・失くした時の不安・面倒くさい等々です。

ネット販売やクレジツトカード・メンバーカードの使用で、すでに個人情報は洩れ漏れ状態です。今更何が怖いのですか。あなたが思っている以上にこの制度は安全です。まだ取得されていない方は早く取得してください。

デジタル化やクレジツト支払いが世界で遅れている日本の現状が浮き彫りです。

旧統一教会と政治家

2022年11月1日

連日報道される旧統一教会と政治家の癒着は大変な状況です。これだけ次から次へと教団の名を変えて接触する団体に、まだ癒着する政治家がいるのです。

教団の力を借りて当選した議員は辞職出来ませんか。恥ずかしくないですか。何故、政治家になりたいですか。何が目的ですか。

関連教団は「推薦確認書」を選挙前に政治家に求めていました。こんな状況でもサインをした政治家がいます。推薦確認書の手続きが済んだ政治家には教団が選挙活動を手伝うというものです(投票数を確保して当選さす努力をする)

関連教団に操られた政治家集団が今の日本の国会と言っても過言ではないのではないでしょうか。実態を知れば知るほど、教団も悪いですが政治家も悪いのではないでしょうか。

選挙は地元の人たちの投票です。それぞれが真の政治家に投票して頂きたいです。あなたの1票が間違えればこの国をダメにします。今ではこの国は終わっています。最低な人間の集まりが今の政治家であり日本の国会です。

政権交代を望んでも今の野党には期待できません。販売の時に話しましたが、売れないセールスは(例えば野党と置き換えて)売れない理由が本当に良く分かっています。だから与党を責める時には売れない理由がいくらでも言えるのです。しかし売れるセールスには売れない理由はいらないのです。どうしたら売れるかを真剣に考えるのが一流のセールスだからです。

今の野党は与党の政策の悪いところや不備な点は指摘できます。それではどうすればよくなるのかという政策が野党にはないのです。「言うは易く行うは難し」である。だから政権を野党に任すことが出来ないのが実情です。

大きな荷物を背負ってしまった日本であり岸田政権です。国民を馬鹿にしたような返答ばかりを繰り返し辞任した経済再生大臣の山際大志郎は岸田政権の足を引っ張ると就任した時に指摘しました。

旧統一教会(文鮮明)との関係は岸信介が1957年に内閣総理大臣に就任し、6年後、旧統一教会は宗教法人として認証される。岸信介、安倍晋太郎、安倍晋三と3代に亘って約60年の関係性があった。

最終的に「教団解散命令」「被害者の救済」に持って行っても裁判で決定しても、この教団は思っている以上に大変です。60年の長きにわたり関係があったなら、その関係が終了するのには60年かかるという事です。今後の根深い活動が怖いし微妙です。旧統一教会の解散は出来ても抹消は難しいです。

岸田首相に問う

2022年10月19日

待ちに待った、全国旅行支援が10月11日に開始されました。

予約が入らない。各都道府県で対応が違う。アクセスができない。早くも1日目で予算を使い切ったので終了します。東京都は10月20日から行います。等々。

何でこんなに違うのですか。ドタバタの開始です。政府の発表は1ヶ月前でした。開始される時に間に合わないとはどういう事ですか。間に合っている県もあれば間に合わない県もあります。間に合わなかった県は仕事の怠慢ですか。何もかもうまく行かない岸田政権です。

岸田さん!首相として頑張るのは大事な事です。政治家の日本の頂点に立ったのです。しかし、ここで大切なのは「自分の器」を知った上で、その役職がその立場がふさわしいか自分自身で確認する必要があります。

首相でも(会社なら社長)でも本当に自分はその器かどうか。首相が務まらないなら国民が不幸です。社長が務まらないなら社員や家族が不幸です。

良く言われることに「50人の社員を持つ事ができても、1000人の社員は持てないよ。」これがその人の器の判断基準です。人にはそれずれ自分に合った器(大きさ、許容等)があり、それ以上なら水はこぼれます。だから「分相応」と言う教えがあります。

第1次岸田内閣が2021年10月4日に発足し早1年が過ぎました。

この間のあなたの実績は何ですか。すべての政策が複雑で後で問題が起こります。(ワクチン接種・個人への給付金・会社への支援金・全国旅行支援等)もっと簡単に誰でも分かる政策ができないですか。すべての人々(従事する官庁関係者・公務員・事業者・経営者・国民等)があなたの政策に振り回されています。

残念ですが、首相になった時にも申し上げました。本命七赤金星酉年・月命三碧木星未月生まれの岸田首相はまさに首相の器ではありません。

やる事柄のスピード・決断ができません。また安倍政治を引き継ぐならもっと、旧統一教会(解散命令)と政治家・アベノミクスの失敗・過去の森加計問題・桜を見る会・国葬・今回の全国旅行支援の検証をやるべきです。安倍元首相が亡くなったので検証は必要ないと言いますが、逆です。本人が居ないのでなおさら、検証はするべきです。これに着手するなら本当の国民の支持を受け、歴史に名が残ります。特に旧統一教会(解散命令)と政治家の癒着問題にメスをいれるなら。

現状のままでは全てで詰まり、まさに「八方ふさがり」です。どんどん支持率は更に下がります。

首相を続けたいなら、国民の求めるものは何か、優先順位を決める事です。

そして安全策ではなく思い切った「決断」と「スピード」が必要です。失敗を恐れずにやるべきです。

将来が見えない時代

2022年10月10日

昔は10年先の目標や夢を語ることが出来ましたが、今は大変難しい時代に突入して、将来が見えない誰にもわからない時代になりました。今は世の中をうまく渡って行くことは至難の業です。

若者の現状とは

・若者は収入が低いので結婚できない。

・働く時間が少ない(残業がない)。

・休日が多い(中小企業は賃上げできない。常に売り上げが休んでいても上がる大企業と違い、社員に給料を支払うだけで目いっぱいである)。

・休みの日にお金を使う(遊ぶ・買い物・通信費・交友関係交際費等)贅沢はしていないのに、休みの日が多いのは使う回数も多い、だからいつもお金がないのである。

若者が日々の生活の中で一番幸せを感じる時

・友達としゃべっているとき。

・趣味のことをしているとき。

・ぼーっとしているとき。

・寝ているとき。

・一人で過ごしているとき。

・ゲームをしているとき。

・家族と過ごしているとき。

・音楽を聴いているとき。

・恋人と過ごしているとき。

・買い物をしているとき。

今の時代は「答えが誰にもわからない時代」だという事です。今、何をすればいいのかについて、会社も上司も正解を知らないのが現状です。不確実で変化の速い社会になってくると、誰も正解はわかりません。今は本当に不確実性の時代です。

自然界の象意・三碧木星

2022年10月1日

九星の三碧木星の自然界の象意をお知らせします。

方位は東方位です。

総説は新調・発展・進出・明朗・人徳・震動・喧嘩・好嫌・選挙・顕現・講演・開業・新春・声楽・発明・新規・新鮮・飛躍・決断・説教・驚騒・走行・嘘言・短気。

天象は雷・地震・紺碧の空・晴れ・雷鳴。

人物は長男・青年・若者・音楽家・皇太子・祭り・司会者・嘘つき者・新人。

業種は電力電信業・歌手・生鮮・楽器商・パイロット・造園業・寿司屋。

場所は電話局・森・林・並木道・田園・音楽堂・青果市場・新聞社・電気屋・パチンコ屋・広告社・放送局。

品物はテレビ・ラジオ・楽器・火薬・コンピューター・電話機・スポーツ具。

食物は酢のもの・梅干・木の芽・魚業・海草・野菜・柑橘類。

生理は肝臓・声帯・足・咽喉・運動神経。

病気は神経痛・肝臓・不眠症・精神分裂症・筋炎・じんま疹・声帯・筋無力。

動物は馬・鷲・鷹・燕・蝉・鈴虫・蝶。

植物は野菜・竹・新芽・草・朝顔・桜。

数字は3・8・11・30・38・80。

秋の彼岸

2022年9月17日

今年も9月20日(彼岸入り)から23日(彼岸中日)26日(彼岸明け)までは秋の彼岸期間です。

お彼岸は、自分を改めて見つめ直し、先祖への報恩感謝をすることにより、より豊かな心を持つためのものです。そしてこれは日本独特のものです。

お彼岸の入りまでに、仏壇をきれいに掃除し、供物を供えます。供物は、彼岸団子や、秋ならばおはぎなどです。

彼岸の入りに入りますと、仏壇を整え、家族や身近な人々を招いて、僧侶を呼び、読経してもらいます。また家族揃って、お墓参りをし、本尊と先祖の供養をします。

春と秋の彼岸の一週間に仏事を行うと、仏の功徳があるといわれています。

新仏や亡き先祖たちのためにも、自分自身のためにも、心を込めて、供養したいものです。

この時期が来ると、私の大好きな歌があります。

「昭和の歌など 聴きながら」

作詞 荒木とよひさ 作曲 徳久広司

歌 八代亜紀

一・

他人を妬(ねた)まず 羨(うらや)まず

心を豊かに 朗らかに

そんな人生 送れよと

父さんあなたは 言っていた

熊蝉(くまぜみ)しぐれが 終わればまた秋が

今年の彼岸は帰ります。

会いたいね 飲みたいね

昭和の歌など 聴きながら/

二・

自分を奢(おご)らず 慎(つつ)ましく

涙は静かに 清らかに

そんな女で 暮らせよと

酔うたびあなたは 言っていた

秋桜(こすもす)咲くころ 主人(あのひと)また連れて

ふたりで彼岸は 帰ります

会いたいね もう一度

昭和の歌など 聴きながら/

三・

熊蝉(くまぜみ)しぐれが 終わればまた秋が

今年の彼岸は帰ります。

会いたいね 飲みたいね

昭和の歌など 聴きながら

海外旅行・留学へ

2022年9月10日

2年半前の新型コロナが発生した時に決めたルールを、今も適用する日本政府。

何の習得も勉強も進歩もないです。まして2年半も経過し何も変わらない国です。これだけの対策をしても、ある時期は1日の感染者数は世界第一位の不名誉な結果です。2年半でコロナ対策も変わったのです。本当に情けない日本の現状です。

コロナの水際対策のひとつとして海外から帰国する72時間前に訪問国のPCR検査を受けなければ日本に帰国できませんでした。もし陽性なら訪問国に留まる事になります。このような対策を取っているのは日本だけでした。しかし9月7日からPCR検査が免除されました。

感染者が増えれば慌てて、入院が出来ない、もう限界だの話ばかりです。この2年間半、政府は何をやってきたのですか。この国に呆れます。すなわちシステムの構築や決断の出来ない国です。

この現状が外国人からの日本訪問が敬遠されています。ようやく海外へ出かけることができるようになったのに、この政府では全く現状にそぐわない対策です。

連日、マスコミは新規の感染者数を発表し増減に一喜一憂している現状です。新規感染者の内、ワクチン接種の回数での数値を知らせて欲しいです。

接種していない人が何名・1回接種の人が何名・2回接種の人が何名・3回接種の人が何名というように。ワクチン接種の回数で感染者数が減るなら、政府はどんどん接種を薦めるべきです。そしてもっと海外旅行・留学に対する緩和策をとるべきです。本当に岸田内閣は口だけ(丁寧な説明は必要ですが、説明より結果が大事です)の何もやらない内閣です。

岸田首相は支持率低下で躍起になっています。支持率を回復させるためや安倍元首相の国葬で海外からの要人を受け入れるためにPCR検査の緩和をやったと思います。

統一教会との断絶を発表していますが、前回の第2次内閣発足の時に指摘しました政務調査会長:萩生田光一(1963年8月31日生まれ(本命一白水星卯年・衰運期5年目・厄年)や経済再生:山際大志郎(1968年9月12日生まれ(本命五黄土星申・盛運期4年目・中宮位)の問題は気学の教示通り、岸田政権の足を引っ張っている現状です。

統一教会問題や9月27日に行われる安倍元首相の国葬は国民の反対が多い中で強行されます。ますます岸田政権は追い込まれ支持率の低下が予想できます。

真のリーダーには決断力と強力なリーダーシップが求められます。岸田首相は残念ですが首相の器ではありません。

今の若者は海外旅行だけでなく、特に海外留学へ行くことをお勧めします。日本最高の大学である東京大学も今では世界順位でいうなら20位くらいの評価です。

日本で一流大学を出て一般企業へ就職しても2~3年で仕事を辞めます。20年間給料のあがらない日本のサラリーマンと東大を出て官庁関係に勤める人たちで構成されます。アメリカは大学を卒業すると起業家を目指します。

今では日本の大学を出るよりも留学して英語が喋れる。PCの技術が高いと言うような資格を持つ方が将来楽しみである。

最近の日本の出生者人数が80万人である。近い将来の日本の人口は8000万人になる(現在は1億2000万)。韓国(6000万人)と同じように国内市場の需要が減る為、外国にビジネスを求める時代が日本にも来ます。

海外へ多くの方が出向き、グローバル感覚と自分の感性を磨くためにも海外へは若い時から行った方が良いです。日本の将来に希望が持てない時代です。仕事も投資もやはり市場はアメリカが一番です。

自然界の象意・四緑木星

2022年9月1日

九星の四緑木星の自然界の象意をお知らせします。

方位は東南方位です。

総説は信用・取引・通話・旅行・遠方・出入り・教育・相談・整理・調う・音信・宣伝・世間・長い・不決断・布教・温順・出張・談話・通勤・風俗・往来・命令・伝達。

天象は風・強風・暴風雨。

人物は長女・旅行者・仲介人・セールスマン・娘・通信関係の人・外商・鉄道関係の人。

業種は材木商・貿易商・大工・行商人・旅行業・麺類業・宣伝業・繊維業・鉄道マン。

場所は道路・取引・駅・神社・旅行センター・公園・郵便局・保育・八百屋・乗り場・飛行場・木陰・商店街・結婚式場。

品物は建具類・木材・うちわ・線香・はがき・紙類・紐類・長いもの全般。

食物は酢の物・麺類・三つ葉・あなご・どじょう・かんぴょう・太刀魚・鰻。

生理は腸・神経・気管・食道・頭髪・風邪・股。

病気は呼吸器病・気管支炎・自律神経・大小腸・遠視・神経痛・不眠症。

動物は蛇・ミミズ・蝶・つばめ・渡り鳥・とんぼ。

植物は柳・藤・朝顔・竹・雑草・ゆり。

数字は3・8・18・38・88。