企業家と事業家

2020年9月11日

企業家と言われる立場の人と、街の事業家と言われる立場の違いは、企業家には常に広い視野で物事を見る事が必要であります。

街の事業家は利潤利益追求を行って行けば、ある程度の目的は達成されますが、企業家はこの利潤利益追求のほかに、国民生活向上と言う使命があり、そして役割として社会還元奉仕と言う立場があります。

一つの開発された製品なり、業務なりが利潤利益追求のみを追うのが事業家であり、企業家はそれが国民生活にとって向上していく為に、消費者や使用者に喜ばれて行くものであるのか、また役立つものであるかまでも考慮して対応する人という事になります。

ただただ儲けることのみに執着する人たちが、企業家ずらしている昨今であり、特に過去のバブル経済をもたらした金融・建設・銀行の当時の経営者の人達の姿勢は企業家ずらした特徴でした。

世の中で大きく「商い」をさせて頂く為には、高い視野で高い視点で物事を考えて行動する事が求められ大事なことと思います。

政治を司る「政治家」は少なくなり、「政治屋」は多くなり、広い視野で高い視点で国の舵取りをする政治家が希薄になって、政治屋が今の日本には増えて来ている現実があります。

政治家も企業家も「目的・使命・役割」の自覚が大事でありそれが発展の基です。

安倍首相が辞意表明

2020年9月1日

8月28日突然、安倍首相が辞意を表明しました。辞意の理由は持病である「潰瘍性大腸炎」の再発ですが、史上最長の連続在職期間達成後の発表であった。13年前と同じ辞任が繰り返す事になりました。

体調が悪い状況の中では、結果を出すことが出来ないので止めるという事です。常々首相は「政治は結果である」と言って来ました。

しかし安倍政権は長期政権のだらしなさや安倍独裁政治が顕現(森友問題・加計問題・桜を見る会・公文書改ざん等々)したのです。次期首相には長年の負の遺産や疑惑を検証して頂き真実を公表して頂きたいものです。

史上最大の長期政権であったが、何ひとつ特筆出来る成果がなかったです。すなわち彼(首相)は講釈師であり実務者でなかったと言う事です。

これならもっと早くやめるべきだったのではないでしょうか。このブログを改めてすべてをご覧頂ければ、ここまで何の成果もなかったと言っていることのすべての安倍首相の足跡と実績がわかります。

人は建前で「お疲れ様でした。」「ありがとうございました」と言う面と、反面は「止めてくれて良かった」と思う二面の意見があります。すべては歴史が証明するでしょう。


安倍長期政権の期間
第1次安倍政権 :2006年(平成18年)9月26日 – 2007年(平成19年)9月26日まで、「潰瘍性大腸炎」で突然の辞任
第2次安倍政権 :2012年 (平成24年)12月26日 -2014年 (平成26年)12月24日まで。
第3次安倍政権 : 2014年(平成26年)12月24日 – 2017年(平成29年)11月1日まで。
第4次安倍政権 : 2017年(平成29年)11月1日 -2020年8月28日(発表)・「潰瘍性大腸炎」で再びの突然の辞任


これだけ長期政権になった原因は、国民の見る目がなかった。野党があまりにもだらしなかった等があるでしょう。

次期、首相は9月半頃に決まるでしょうが、現在候補にあがっている人物では何も変わらないし期待も持てません。

本当に、今の日本には人材がいません。嘆かわしい日本になりました。悔しいですが、2043年(令和25年)までは期待が持てない日本の暗黒の時代が続きます。

コロナ問題に一言

2020年8月21日

世界中がコロナ、コロナで大変な状況です。

連日、マスコミもテレビも感染者数の発表ばかりです。あたかも増えていた日は何か国民を脅すような放送に聞こえて来ます。

そもそも感染者数はいい加減な数字です。何故なら毎日、検査する人数がまちまちだからです、沢山の人を検査したら多くなるのは当たり前な話です。あらゆる発表される数値は全国まちまちで基準がありません。これでは判断できません。

そしてコメンテーターや感染の専門家や内閣の専門家分科会の発言はいかがなものでしょうか。根拠のない不確かな情報ばかりのように感じます。今回のコロナの経験は未曽有の経験です。この世の中で経験した人間はいないのです。だから解る筈がありません。それなのにコメントとか予測とか本当に出来るのでしょうか。

マスコミも、もう少し、感染者数の事ばかりでなく、控えめな報道にするのはいかがなものでしょうか。8月15日での感染者数は、アメリカは500万人超・ブラジルは300万人超・インドは250万人超・日本は6万人超です。経済と生活(命)を守らなければいけないのです。

残念な事は、世界のこれだけのウイルスの研究者が居ても、AIやコンピューターがあっても「抗体」「ワクチン」が出来ない。人間はまだまだ無力だという事です。

コロナに対しては一人一人が自覚を持って「3密」を守り行動を制限してくださいと言っているにも係わらず、人混みや会食やイベントで感染している現状があります。

夜の営業は何時まで、この期間は自粛して欲しいと要望を出しても、時間を無視する店や自粛しない店があります。理由は売り上げがなく死活問題だと言います。そして客が来ると言う事実です。無視する店も店なら、来る客も客です。

ある時は台風の接近のニュースで危険を呼び掛けているにも係わらず、台風の日に川や畑を見に行く人。また天候の荒れる日に海や山やキャンプにいく人。避難指示を無視する人。人の言う事を聞かない人等々。そして結果として死ぬ人が出ます。死ぬ人は死ぬことをやっているのです。コロナも同じです。感染する人は感染する事をやっているのです。

自業自得です。すなわち世の中の出来事は偶然ではないのです。必ず必然的に起こっているのです。

コロナによって「人」「物」「金」の動きが大きく変化しています。今までの常識だけでは通じない世の中になりました。

企業の使命

2020年8月11日

企業として、社会に進出していく為の使命として三つの要素があります。

いかに世の中に役立つ良い製品を作り、お客様に喜ばれ、社会に受け入れられるかと言う要因と、企業として役立つ「人づくり」である。

社会人として一人前に貢献できる人物を育成して行くかの使命が企業には課せられております。

消費者と言うお客様に、いかに良い情報なり製品を開発して行く一面と、勝れた人なり人物をより多く育成して行くこと、企業にはこうした使命のあることを認識すべきと思うのです。

街の商店の人と企業家と言われる人達の違いは、こうした使命感なり認識を持って仕事に対応しているかと言う側面があります。

会社の大きい小さいまた商店の大きい小さいと言う規模は関係なく、こうした自覚に立って経営する姿勢努力が大切であります。

大きな会社となり発展しても、企業のトップにこうした自覚がなされていなければ、企業として「ただ」金儲けに走ることとなり、大きな社会問題を引き起こす一因となっていることは周知のことです。

今の時代の企業は社会に対する使命感や方向性に対する企業責任も強く求められる時代にあります。

企業の経営

2020年8月1日

企業を経営するまた商売をする場合においての三要素として「営業」・「技術」・「経理」と言う三位一体の状態があります。

営業と技術との接点には採算要因が生じ、技術と経理との接点には投資要因が生じ、営業と経理との接点には利潤が生じます。

一方において、営業と偉業と技術(製品)の間には「お客」の存在があります。

経営にとって一番難しいのは「金策」であり、経理を中心とした「利潤利益」です。次に人材における適材適所であり、その為の人づくりであります。

若い働き手の減少を見る現在社会において、いかに魅力ある企業・活気のある経営を方向づけて行くには「バランス」的な要因が求められるのです。

技術に優れた製品でも営業力と採算面がなければ経営を維持する事は難しい訳であり、今は「一芸専業」の企業や経営が飛躍しているのも、経営の方向性が打ち出しやすい要因があります。また特色を出しやすいという事から元気な企業も生まれています。

経営は「生きもの」であります。今日の努力が明日の発展と結びつくとは限らない訳で根気と忍耐との繰り返しの要因の多い事を知るべきです。

会社経営の心構え

2020年7月21日

運をもたらす「天の時」が流動性である以上、停滞を生じる「油断」は禁物です。自惚れると言うことは、油断の入り口であります。自信と自惚れの違いは自己の心を律する差であり、前向きな心の持ち方の違いです。

自信は常に己の器量と才覚を知った上での行動努力であり、謙虚さが根底にあります。自惚れは己の器量を知らない要因であり、これ以上の発展が望めない状態となり易く現状から一歩も前進し向上させる事や開運を果たすことを放棄する要因となります。

「満つれば欠ける」の摂理から小さな自己満足で終始することになります。そこには自己の器量以上に発展する要因が生じません。

会社の使命や蓄積は、儲けることも重要なることでありますがもっと大事なことは、世の中の人たちに「役立っている」と言う自覚を持つ事の大切さです。

そして安心感を持つのではなくあらゆる心配をした後、即ち「人事を尽くしたら天命に委ねる心」を持つことであります。「人事を尽くして天命を持つ」ことで、最善を尽くして天の命に委ねる心であり、安心感とは異なる状態です。

安心感は自分が得るのではなく、相手方の人に与えることが安心感と言うものであり、自分側の得る状況ではないのです。そして満足感は慢心を生じ、進行が停止し運気に於いて油断となり「気が滞る」ことになります。

充実感と満足感は似ているようで違うのです。経営は誕生した以上「前進」「努力」しかないのです。後進は許されないのです。それだけに前向きに、前向きにプラス思考で前進あるのみです。

自分の一途な努力により、大きな可能性を信じて挑戦して行くことが経営の基礎の精神であり、経営にも「六道の経営」と言う段階があり、ただ儲けるのみの「畜生界」・争う事に終始する「修羅界」・喜怒哀楽の「人間界」・世の中に役立つ精神の「天上界」他に「餓鬼道」・「地獄道」があります。経営者の志す姿勢により六道に分かれる要因となることを認識すべきです。

東京都知事選挙

2020年7月11日

東京都知事選挙は7月5日に投開票が行われました。コロナウイルスの第2波(連日の100名以上の感染者)かと思われるような状況の中で、選挙戦も盛り上がることなく終わりました。

今回の知事選挙は過去最多の22人が立候補しました。「3密」を避けるための街頭演説は行わず、動画配信による「オンライン選挙」に専念した異例の選挙戦となりました、
投票率は55%で2016年の前回を4.73ポイント下回った。

東京都知事選開票結果
①当選 小池 百合子 無現   3、661、371票
②宇都宮 健児 無新        844、151票
③山本  太郎 れ新        657、277票
④小野  泰輔 無新        612、530票
⑤桜井   誠 諸新        178、784票
以下省略

ご覧のように圧倒的な小池氏の勝利(小池知事の第2期が始まります)です。
毎回選挙の時に思う事ですが、何故、あきらかに選挙にならない候補者(当選が見込めない)がこんなに多く、立候補するのでしょうか。まして高額な供託金(300万円)まで出して、没収されるのに・・・

マスコミも立候補者に対しても5名は取り上げるが他はその他扱いである。これって選挙法で正しいのでしょうか。そう思いながら他の候補者は何をしたいのか、何が望みなのか、さっぱりわかりません。

今の政治家に求めたいのは、自然災害についてです。経済も大事ですが、毎年毎年、自然災害が多く発生しています。

今年の2月1日のブログ「2020年を占う」で天変地異について、異常気象を起こす自然を無視した人間の欲望が大きな被害を起こします。その為、昨年同様に地震・噴火・台風・大洪水・寒波・積雪・津波・竜巻等、天変地異が世界中で多く起こります。特に今年は水に関する水害には注意です。と警鐘を鳴らしました。
この予測が九州地区(7月の豪雨被害。特に熊本では死者も55人突破しています)をはじめとして全国の多くの地域で豪雨被害が発生しております。

被害に遭い、家を建て替えたり修理をしたりして、復旧してもまた同じように被害に遭います。こんな繰り返しを何回するのですか。

政府や政治家は地球温暖化・コロナ感染のようなウイルス対策・地震噴火対策・橋・道路の補修・土砂災害の封鎖・台風・豪雨・川の氾濫等々の対策を至急に取って頂きたいです。

また被害に遭いやすい地形にお住いの人には、集団移転をする(安全な地形に移転する)等の対策も検討頂きたいです。この問題は地球に住む人類の避けて通れない課題です。

働くとは

2020年7月1日

ものの捉え方や考え方が随分と変わりました。これも時代の流れでしょうか。

親や先輩や上司が人を変える(特に若い人)ことは、今の世の中それこそ至難の業です。それより自分自身が変わる方が問題の解決は早いように感じます。

今でこそ残業は問題になる働き方ですが、昔はこんな事例が沢山ありました。この会社は残業が多いし遅くまで仕事がかかる。娘が心配であると言う親御さんに対して「定時に終わって娘さんはそのまま帰宅しますか。」「帰宅するまでの空白の時間が何をしているのかわかりません。」いつお電話いただいても会社に娘さんはいます。一番安全な場所です。

面接の時も会社は今のあなたを採用するのではない。きっとあなたは将来会社の為になる人だと信じて採用します。

人はチャレンジ精神を忘れると伸びない。例えば会社の営業(販売)で目標設定なり、ノルマに対してしらける(放棄する)タイプと燃える(やる気)タイプに分かれます。

全体の80%が無理だからチャレンジしないと諦める人が多いのが現状です。20%の人は目標に向かってチャレンジします。だからこの20%の中で頑張れば一番にもなれるし、最悪の結果でも20位に入る事が出来るのです。

1億の売り上げがあり社員100名の売り上げ構成率は、20名の社員で8,000万の売り上げを上げ、80名の社員で2,000万の売り上げをあげているのです。これが20対80の法則です。

時代はどんなに変わろうと、会社は人員を求めていない。人材を求めているのです。

当時はなかなか海外へ行く事がなかった時代に行くと言う娘に対して、その親御さんは将来、結婚して相手の家に入る娘には自由や時間がないと言うか自分の為の時間が少なくなるので、だからこそ、嫁入りまではやりたい事をさせてあげたいと言われました。

人の言う事と書いて信じると言う字になります。自分の耳で聞き、自分の頭で考えしっかりと見つめ、本当に信じる者になった時、人・言・者で儲かるのです。

セールスと御用聞きの違いを分かっていますか、御用聞きは小さい子供でも出来ます。「集金に来ました。ないから帰れ」と言われて帰ってくるのが御用聞きの仕事です。セールスはそれなら「いつ来れば支払って頂けますか」突っ込んだ話が出来るのがセールスなのです。

どれだけ努力したか、どんなに頑張ったかは関係ないのです。自分で評価するのではなくお客様や周りの人達の評価である。

働くとは「はたをらくにする」(周りの人たちを楽にする)のです。

だからこそ必要とされるし楽しく信頼を勝ち取る事が出来るのです。自分が働く事によって周りの人に迷惑をかけたり、足を引っ張ったり,ミスするのは相手や周りの人に「苦・く」を与えているのです。これでは働いた事になりません。周りの状況を把握し良く気が付きバリバリ成果をあげるならそれは会社にも周りの人にも「楽・らく」を与えるのです。これが働くと言う意味です。

資本主義社会の分岐路

2020年6月21日

人類の幸せや繁栄を願って出来たのが資本主義である。資本主義が出来て250年。対抗する社会主義や共産主義は撤退が続く。今、資本主義の未来を真剣に考えないと怖い時代に突入しました。

世界のトップ(富裕層)62人対低所得者36億人と同じ資産である。高額所得者の資産を見ると、ひとり何十兆円や何兆円という金額である。一体このような資産をどう使うのか、本当にこれだけの莫大なお金が個人で必要なのか、ないものには不思議に思います。

グローバル化が格差社会を作った。TPPも同じことが起こるかもしれない。
今では90%の低所得者の年収が300万で、1%の富裕層が1億以上の年収である。
海外からの安い物が輸入され、製造業の仕事が無くなり、治安が乱れる。中間層がいない社会。今では特権階級の資本主義だ。ますます巨大格差が広がる世界になっています。

世界中には今日の「めし代」もない人達が多い世の中で、一人の年収がこのような金額の人もいるのです。
メキシコとアメリカカリフォルニアの国境であるテイファナに多くの難民がアメリカを目指して押し寄せています。難民・治安・就職・生活保護等でアメリカのトランプ大統領は入国拒否を実行しています。

日本においても永く国に認可されていた職業がありました。特に「米屋」「酒屋」「タバコ屋」です。しかし規制緩和と言う名のもとの自由競争で今ではほとんど単独で見なくなりました。コンビニ等にすべて吸収されたような実態です。

成功する会社や企業があれば、その裏で泣いている会社や小企業があります。
儲かって成功する会社とは反対にはつぶれて地獄を見る会社があるのです。

実際、成功する人(儲かる・貯えが増える)とはどんな人なんでしょうか。
その特徴は・・
・人との交際が少ない人(お金を使わない)
・ケチな人(貯金をする)
・変わり者(何を考えているかわかりにくい)
・チビ・ハゲ・ブタの人(昔はこのように表現されました。ある意味でのハディーのある人)
・悪いことをした人(法を犯すか、ぎりぎりのの事をした人)
・人を蹴落とした人
等々

今の社会は富裕層が政治に献金し政策に影響を与えているのです。現在は政治家が主導するのではなく陰で、裏で富裕層が金を出し、国を動かしています。

本来は富裕層や一流企業に法人税の増額をし、働く低所得者を中間消費者に持って行くことが望ましいが、むしろ法人税を下げる政策を国は取ります。本当にこれでよいのでしょうか。このままでは危ない。

中小企業の悲鳴は働き方改革や9日・10日間の大型連休・賃金の増額・ものが売れない(こんな勤務状況でも社員にまるまる1ヶ月間の給料を支払う事になる。これでは個人経営者は大変です)と聞こえて来ます。政府の取った政策は大手企業や富裕層を豊かにする政策ばかりです。ますます格差は広がっていきます。

十二支による景気予測

2020年6月11日

十二支は自然界の12年のサイクルを表した区切りであります。景気もこの繰り返しの影響を受けることが大です。太陽の黒点は11年周期であり、黒点と気象そして気象と景気と言った因果関係もあり、こうした教訓を目安として判断する事も大切です。
景気の流れは下記のように則して動いているくらい類似しております。
上手に取り入れて予測の目安にする事です。

子の年は【困窮】実力なき者は倒産し実力ある者は縮小し自然淘汰の期。

丑の年は【発奮】不景気に懲りて不自由を忍び、生計困難より脱出せんと各人大いに励む。

寅の年は【勤勉】真面目に働けば少なくとも利益あり、各人とも業を励む。

卯の年は【節倹】汗を流して儲けたる金は容易に己を散せず。人々は堅く節約を守る。

辰の年は【蓄積】塵も積もれば山となり銀行資金豊富となり輸出超過となり正金流入する。

巳の年は【豊満】資金充実・金利低落・有価証券暴騰・事業勃興・物価騰貴。

午の年は【騎慢】物価続騰・投機熱盛んとなり一般に流れる。

未の年は【豪争】投機全盛・益々募り輸入超過・生産過剰・正貨流出・資金需要激増・金利暴騰。

申の年は【自爆】貨物停滞・物価低落・生計困難・信用乱用。

酉の年は【禍変】事業衰退・資金減少・不景気の声。

戌の年は【失望】破産改革・失業者続出・輸入超過・株式低落。

亥の年は【困難】整理され一時的には良いが競争激しく、不景気の度益々強くなる。

亥・子・丑年は反省期間である。
寅・卯・辰年は発奮期間である。
巳・午・未年は好景気期間である。
申・酉・戌年は不景気期間である。
となります。

証券業界の干支に絡む相場の格言は、「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ、戌は笑い、亥固まる、子は繁栄、丑はつまずき、寅千里を走り、卯は跳ねる」というものです。