気学における正しい方位の取り方

ここでは気学の鑑定の中で、最も多い内容がこの方位についての相談です。
そこで鑑定の時、皆さんに「移転の時や家相鑑定また旅行に行かれる時に、自宅から何方位にあたりますか?」とお尋ねした時、「だいたい東方位ですとか東南方位ですね」とだいたいこの方角だろうというような回答が多くみうけられます。

方位鑑定におきましては正しい方位が必要になります。もし、間違った方位であれば、後日大変な事になりますので、ここでは「正しい方位の取り方をご案内いたします。

@大きな地図をご用意下さい。

A自宅を中心に直角に縦横の薄い線を引いて下さい。

B薄い線上から左に15度右に15度の合計30度が地図上では上がになります。同じ様に南・西・東が各30度です。残った各60度が東北・東南・南西・北西になります。これで八方位ができます。

地図上では上がになります。

気学の年盤・月盤・日盤・は「君主南面するが気学の思想」から気学は上が南で地図とは反対になりますので注意して下さい。

また「正しい方位の取り方」は移転・旅行・就職・結婚・進学等で鑑定する方位の基本となります。

鑑定のお見積り・お申込みはこちら。各艦艇料金の詳細がわかります。